外国為替相場、外国為替市場とは?

こんにちは。初心者の外国為替、今日は、外国為替相場、また外国為替市場についてお話しします。

.

外国為替相場(レート)とは
外国の異なる通貨を交換する時の、その比率のことを示します。初心者の方でも、1ドル=100円、1ユーロ=130円などいう表記は、ニュースや新聞などでもみかけますよね。これが外国為替相場です。

でも、私たちが「外国為替相場」と一口にいっても、実はたくさんの種類のレートがあるんですよ。海外旅行に行く時など、私たち個人が銀行に行って、トラベラーズ・チェックを発行してもらうレートや現金で両替するレート、さらには銀行同士がやり取りしているレートもあります。

レートの表示方法は、日本では邦貨建てが一般的です。
外貨を自国の通貨で表示するという方法で、先に言ったような、例えば1ドル●●円という表示で表します。またその逆、外貨建てというのもあり、それは例えば1円●●ドル、と言うような言い方になります。

.

■外国為替市場とは
外国為替市場で有名なのは、ニューヨーク、ロンドン、東京の3大市場です。初心者の方は間違えることが多いのは、そういった場所(建物)が存在するのでは?と考えるのですが、決して取引所で取引をしているわけではありません。電話や通信ネットワークを使って取引をしている、そのものを示しています。

外国為替市場と呼ばれるものは世界中にあり、シカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シドニー、香港、シンガポール、フランクフルト、パリなどがあげられます。

経済