初心者も考えよう!外国為替相場の経済への影響

こんにちは。かなり初心者です。今日は外国為替の市場について、もう少し掘り下げて考えてみようと思います。外国為替の初心者さんも、外国為替市場なんて、FX用語のひとつ・・・くらいにしか考えていなかった初心者さんも、1度考えてみましょう!

よく言われているのは、『景気が拡大すれば、その国の通貨は高くなる』 ということです。では、もしも今、日本の景気がそのまま変わらず、アメリカの景気が拡大したとします。こうなるとアメリカの景気拡大で金利が上昇し、アメリカの金利商品に対し、購入需要が増えることが予想できますよね。つまり、アメリカドルが買われ、円が売られるという現象が起きます。

外国為替相場は、景気にどんな影響を与えるのでしょうか。まず、円高になることは不況につながりやすいと考えられています。海外へ輸出する企業は、自国通貨が高くなると、自国通貨での手取りが減ってしまうので、価格を引き上げなくてはいけない必要に迫られます。

しかし、商品の価格を高くしてしまうと、価格競争力は低下し、単純に売れなくなってしまいますから、その会社にとってはかなりのダメージです。

そして、それが業界全体にどんどん影響してしまい、景気が悪くなるという背景があります。これは、日本が輸出大国だから、というわけではなく、たとえ輸入が多い国だったとしても、円高、つまり自国通貨が高いことは不況につながりやすいと考えられています。

初心者さんも、基本中の基本ですから、ここは抑えておきましょう。

初心者の外国為替・通貨の交換について

こんにちは。かなり初心者の管理人です。
とても暖かくて良い季節になりましたね。
今日は、外国為替について、もう一歩踏み込んでお話しをしようと思います。
前回も少し触れましたが、外国為替とは、世界にある各国の通貨を交換することを表しています。ですから例えば、日本円と米ドルを交換したり、米ドルとユーロを交換することが、この外国為替にあたります。

通貨を交換するのは、商品を買ったり、売ったりするのと良く似ています。通貨を商品として考えれば解りやすいかもしれませんね。私たち日本人が、日本円をつかって、米ドルなどの外貨を売買することが、まさに外国為替相場なのです。

ちなみに、初心者もニュースなどで聞くことのある「円相場」と言う言葉。これは一般的に、円と米ドルとの交換レートのことを示しているんですよ。
日本の円相場が、日本円と米ドルの交換レートをいうのであれば、
マルク相場は、ドイツマルクと米ドルの交換レート、
スイス・フラン相場は、スイスのフランと、米ドルの交換レートをそれぞれ示しています。
つまり、米ドルの価値を各国の通貨で表示したものを、このような呼び方で言い表しているのです。円で表示された米ドル相場=円相場と言うことになりますね。
米ドルはやっぱり世界で通用する通貨だというコトなんでしょうか。

また一般的には、「円相場」や「円/ドル相場」と表記されることが多いです。
初心者の人も、ここは基本的なことですから、ぜひ覚えておきましょう。

経済